ママ友パーティー

2018年11月10日 カテゴリ:吉祥寺情報

酷暑の夏が過ぎて、やっと秋が来ました。

先日、ご近所のママ友とのお食事会がありました。
不定期ですが年に2、3回、集っています。
この町内に越してきてから 同年代のご家族ぐるみで仲良くなって 夫同士、ママたちも楽しく過ごしています。

町内に 家の一部を改装して キッチンとイートインスペースを造ったフリールームがあります。そちらで美味しいごはんを注文して 飲み物は各自持参です。

今回のメニューは
チーズタッカルビ
レンコンサラダ
イカのワタ焼き
鳥手羽元の根菜煮
小アジのマリネ
ブリ大根

盛りだくさん おなかいっぱいになりました!

1263

子供が成長するにつれて、私たちの興味や話題もかわり 子育てが落ち着いても話題に事欠きません。

みんなで近況報告し合い 励ましをもらい 慰められたり 笑いもたくさん。。。時間を忘れて話は盛り上がり気がついたら何時間も経っていました。

またね~
みんながんばろう!
声をかけあって 元気をもらって帰宅です。
心もお腹も満たされて楽しい時間でした。

matsumoto

秋の引き回され

2018年10月27日 カテゴリ:吉祥寺情報

恒例の蓼科八子ヶ峰散策です。
今年の紅葉は、天気がイレギュラーだったので
ちょっと、色が悪いというのは、地元の方のお話でした。

それでも、山を背景にススキが風に揺れると
ああ、やっぱり気持ちいい! ハチ色だね。

1257

立山から来られたという、白いゴールデンとも
お友達になりました。
このご夫婦は、常に犬と一緒に、山を楽しんでいるとか、
先代犬はなんと、17歳の長寿を全うしたというから凄い!
犬の健康にも山歩きはいいようです。

1258

散策の後は、最近、茅野で人気の古民家を利用した、蕎麦屋「12か月」

1259

お蕎麦は前菜付き、お供の日本酒「大信州」は最高です。

1260

ハチは裏の庭で待ちぼうけ
「早くしてくださいね。」という感じです。

1261

最後はハローウィンのディスプレイの前で、
秋の休日は「ハチ引き回されの刑」って感じでした。

1262

ごめんね、でも随分楽しんでたよ。

miura

食欲の秋

2018年10月01日 カテゴリ:吉祥寺情報

9月24日
朝食にハムエッグとはちみつバターでトーストを食べました。
我が家の朝食はごはんと味噌汁が基本ですが、月曜日だけはパンになります。
いつもと違う、というだけで、ちょっと美味しく感じたりするから不思議なものです。

今日はお彼岸でお墓参りに行く予定なので、そのあと親戚の家に寄って毎度おはぎをいただくから、こちらはスイートポテトを作ることにしました。

1254

上に乗せたレーズンが、顔みたいになってしまい(笑)
見た目は良くないですが、味は美味しくできました。

お墓に行く途中で知人が働いている食堂に寄って、ラーメンを食べました。

お墓参りをすませて親戚の家に行くと、おはぎだけでなくバーベキューの用意がされていて、食べました。

帰りに、牛乳のジェラートを食べました。

1255

美味しくてよく食べに行っているお店だったのに、今月で閉めてしまうという噂を聞いて急遽寄りました。
話を聞けば、牧場の後継ぎがいないから辞めるのだというお話で…。よく行くお店が無くなってしまうというのは残念なことです。
すでにお腹はいっぱいだったけれど…

家に戻ると、まぜご飯(五目ご飯のような感じ)があって、また食べました。

義母がお墓参りの日には必ず作ります。義母の母が亡くなる日の前日に、母の好きなまぜご飯を届ける約束をしていたそうで…。
そんな話を聞けば、食べながら故人を偲ばずにはいられません…。

そして、今夜は中秋の名月。

あいにくの曇り空でしたが、お月見用にお団子を買っておいたので、それも食べました。

1256

時折雲の切れ間から顔を出す月を見ながら、おもわず物思いに耽ってしまいます。

彼岸とはあの世のことと言われています。
お彼岸の期間は善い功徳を積む期間と言われておりますが、この期間だけに留まらず、日頃から善行を心掛けたいものです。

今日はなんだかずーっとお腹がいっぱいで…、
それはとても幸せなことなんだろう、としみじみ思いながら…

食欲の秋、スポーツの秋、行楽の秋、読書の秋、芸術の秋、いろいろと楽しんで過ごしたいですね!

hiyama

赤ちゃんの爪

2018年09月04日 カテゴリ:吉祥寺情報

鈴虫の鳴き声も聞こえ始め、秋の気配を感じます。
私はといいますと、赤ん坊の泣き声に応える日々を送っています。
泣きにもバリエーションが増え、おかげさまで感情豊かにスクスクと育っています。

1251

実は、母親になりたての時は赤ちゃんの爪切りに大苦戦していました。
心の中では「これでもネイリストなのよ~」と我が子に向けて必死でした。
じっとしてくれないので、授乳中や寝ている時を見計らってチョッキン。
赤ちゃん用の爪切りはさみと付属の爪やすりでは角を丸くしづらく、
爪を切ったのに、なんだか我が子の顔が傷だらけに・・・。

そこで大活躍しているのが
サロンワークでも使用している『エメリーボード』です。

1252

エメリーボードとは、爪の形や長さを整えることができる
「爪やすり」のことです。
本体の厚みも薄くて、ほどよくしなるので、
爪に1番負担がかからずに削ることができます!!

爪を切った後にササッと削る、私のお助けグッズの1つです♪
赤ちゃんからご年配の方まで、幅広くお使いいただけます。
ご自宅で使ってみたい方は、店頭でも販売していますので、

お気軽にスタッフにお声かけくださいね。

1253

また、我が子の足の親指の爪が反り返り、貧血の特徴である「スプーンネイル!?」と連想して不安になりました。
しかし、赤ちゃんの爪はとても薄くて柔らかい状態で、変形しやすく反り返りやすい特徴があると知りました。
実は爪のうるおい不足が原因であることが多いようです。
赤ちゃんも大人も指1本1本、爪先までしっかり保湿することが大切なんですね。

さて、お店では9~11月末までネイルケア・トゥネイルケアがお得になっています。
爪のお悩みがある方もない方も、プロのケアによる健康で美しい爪に心癒され、秋を楽しくお過ごしくださいね。

Tsuno

還暦パーティー

2018年08月13日 カテゴリ:吉祥寺情報

先日お義父さんの還暦パーティーをしました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・

■還暦とは・・・
満60歳のことを指し、十干と十二支を組み合わせた干支が一巡し生まれた年の干支に戻ることです。文字通り「暦(こよみ)が還(かえ)る」わけですが、一種の生まれ直しであると意義づけられています。

■還暦といえば「赤いちゃんちゃんこ」なぜ送るのか?
様々な説がありますが、昔は産着に魔除け・厄除け効果があるとされた赤色が使われていました。生まれ直し(赤ちゃんに戻る)であるこのタイミングで、子供の袖なしの羽織、赤いちゃんちゃんこを贈るという慣習が生まれたようです。

また一説にはダジャレのようにも聞こえますが、赤ちゃんと語呂が似ている赤いちゃんちゃんこを着るようになったとも言われています。

そんな赤いちゃんちゃんこ
ご用意させていただきました~♪

\ジャ~ン/

1249

(毎週サーフィンに通う年中色黒太陽大好き義父)

「恥ずかしいよ?」と照れながらも
しっかり身につけて
いつもの「アロハポーズ」頂きました!!
(カメラを向けたらいつもコレ)

1250

特別なお祝いなので
今回はお義父さんの写真入りケーキ!!
(こちらも定番のアロハポーズ・・・笑)
『Life Begins At Sixty』(人生は60歳から)のメッセージいりです

サプライズ大成功☆
目を潤ませて喜んでくれました(;o;)

いつまでーもいつまでーも色黒で、お義父さんらしく元気に過ごして貰いたいです。
2年後にはお義母さんの還暦祝い
巣鴨に赤い下着が沢山あるよ!と、お客様から情報をいただいております・・・
計画を練るのが今から楽しみです♪

Shikaura