マウナ・ケア ~ 星空観察とサンライズ ~

2015年05月01日 カテゴリ:吉祥寺情報

ハワイ諸島の一つ、ハワイ島を旅行してきました。
ハワイ諸島で最大の島であることから「ビックアイランド」の愛称でもよばれ、
(日本の四国の約半分程度の大きさ)世界の気候帯の13個中11個の区分があります。
現在も地球内奥の火のエネルギー、溶岩マグマが表層に吹き出すなど、
数多くの自然の驚異を体感することができます。

そんなハワイ島、島中央部に富士山より高い4000メートル級の山が2つあります。
マウナ・ケア(白い山)とマウナ・ロア(長い山)です。
今回その一つ、マウナ・ケアに登り星空観測とサンライズを見てきました★

白い山の由来、、なんと山頂に雪が降るのです。
当日の体感気温は-5℃。
暖かい島にきたはずなのに、こんなに寒い思いをするとは思いませんでした!!

しかし、空を見上げると満天の星空が。。。
寒さなど忘れて、見入ってしまいました。

白くうっすら見える帯は天の川です。
その他に、流れ星や人口衛生までもが目視できました。

そして、サンライズ。
どこまでも広がる雲海から、太陽が。。

人生初の山頂からのご来光に、大変感動してしまいました。
マウナ・ケア山頂は年間を通して天候が安定し空気が澄んでいるため世界の
天文台13基が設置してあります。

ちなみに、日本の天文台もありましたよ!「すばる望遠鏡」(左)

他国とは少しかわった形をしていました。

大自然に圧倒されっぱなしの旅行でした。 沢山のパワーをもらった気がします!!

shimada